└ 持ち物点検

2022年07月30日

20220730_b095603_IMG_5740
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR用に、メルカリで探し出した82mmのプロテクターが午前中に届いた。 
自分の中ではこのレンズだけに使う大口径のフィルターだ。


(14:20)

2022年07月27日

20220727_g201915_IMG_5731
中古だけど、かなり美品のレンズ届いた。
新品ではちょっと手が届かないお値段。
中古なので、お安くなっています。(笑)
 Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR。
今まで使っていたのは、Nikon Ai AF-S 28-70mm F2.8D ED (IF) ライトグレー。
重さもさほど変わらず使いやすくなりそう。
ワイド側の24mmと28mmの差はどんな感じなんだろう、楽しみだなぁ。


(21:13)

2022年06月23日

20220618_c113640

貯まりに貯まったポイントにちょっとだけ足してビューファインダーを買った。
せっかくコンパクトなカメラで、ファインダーが邪魔になるかなぁ。
本体の液晶モニターだと明るいところだと苦しいかなって気がしてきた。
それと、やっぱり覗いてみるファインダーに慣れてるって言うことかな。



(20:22)

2022年06月18日

20220612_aIMG_5502

中古で追加購入したカメラのストラップがへたりすぎてたので、新しいの買って付け替えた。
持って歩く時に、具合がちょっと気になっていたから、元々の自分のカメラについたてやつの色違いを買った。
幅広くなったから、具合がいいよ。



(11:55)

2021年11月08日

20211024_c160711_IMG_4363


いろいろ考えたんだけど、結局中古で状態の良いD800を追加で購入した。
60mmと28-70mmをレンズ交換しなくて済むから、スムーズに撮影ができそう。
2台体勢にもっと早く気付いていても良かったのになぁ。



(21:20)

2020年06月15日

20200615d_201355

互換バッテリを買ってみた。
Amazonでの評価は悪くなかったので、ちゃんと使えるんだろう。
使えさえすれば、大丈夫。
充電も速いから、助かる。
しかも充電器とバッテリ2個なので、重宝しそうである。
何しろ、M6 Mk2のバッテリの減りが速いので、まめに交換、充電しないといけない。
遠出というのは無いだろうけど、2個充電しておいて交互に減ってから使うようにしたい。


(20:21)

2020年04月16日

20200416a_131038
カメラの液晶画面が見づらいな。
外で使うとき、液晶に見えている風景が確認しづらい。
スマホでも見づらかったがあまり気にしてなかった。
カメラだと気になるなぁ。。
ファインダー無しの人、どうしてんの?



(15:20)

2020年04月08日

canonm6mark2
Canon M6 Mark2とEF-M15-45mm F3.5-6.3の組み合わせである。
Canon PowerShot G12 調子が少し思わしくなくなった。購入して9年も経っていたんだなとビックリした。
そこでそれに替わるカメラを探したら、Canon M6 Mark2 というカメラにぶつかった。
他にもいろいろと候補はあったけれど、G12と同じキャノンだから期待もできそう。
自分としてはサブカメラと積もりなので、日々バッグに入れて持ち歩くことになるだろう。
あるいは、出張やライブにも持って行って撮りたいと思う。
G12に比べると、多少はレンズの部分が突き出しているが、それは我慢するしか無いか。それでも重量としては大分軽い気がする。
持ち歩いて撮影している時は、ホールド性はカメラ本体の形状によりかなり良いと感じている。G12のボティハほぼフラットなので危ういが、M6はもう少し凹凸があるのでいい。
M6はミラーレス一眼なので、レンズもいろいろと試せると思うが、それはあえてせずに、携行性を重視して焦点距離は標準域の15-45mm1本で、あれこれと使わないことにした。
ファイル容量がいきなり大きくなるので、まとまって撮ったときなどは扱いが大変になるのかな。
でも、そのさすがに分解像感が良いなと感じた。
メモ代わりのカメラでもあるが、十分にきれいな絵を作ってくれそうである。


(16:19)

2017年10月04日

lens16

単焦点レンズでじっくり構えたいという思いが出てきた。
色々と考えた末に出した答えがAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDだった。
58mm f1.4何ていうレンズも考えたが、ちょっと高すぎる。50mm f1.4も考えたが、中途半端な焦点距離を使ってみたくなった。
それに加えて最近の自分の被写体は、ぐっと近寄って撮りたくなるものばかりである。
それならいっその事、マクロレンズをということになったのである。100mm f2.8もあるのだが、さすがにそれでは長すぎる。
使ってみた印象だが、ずっとメインに使ってきたAi AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)もずっと軽くて持ち歩きやすい。嬉しいぐらいに軽いのだから、こっちをメインにしてもいいぐらいである。
しかしながら当たり前だが、単焦点なので画角が替えられない。60mmの焦点距離は、場合によっては結構な長さになってしまう。これは広角系にはかなわない。
さて、どのレンズをメインに据えようか、考える。
値段のこともあってAi AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)を使わないのはもったいない。けれど、じっくりファインダーを覗きながら撮り歩くならば、やはりAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDである。
う~ん、迷ってしまうレンズではある。(笑)
さしあたり、次の出張のお供はAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDを持って行って歩いてみることにする。


(18:37)

2017年09月08日

camebag4
常用していたLowepro ノバ190 AWに小物や財布などを入れて持ち歩きたいという欲求が出てきた。
カメラ+レンズのみだとLowepro ノバ190 AWにも不満はないのだけれど、出張のついでにロケも何てことを考えると財布やタブレット、ちょっとした筆記用具は持ち歩くことになる。
それらも含めて考えると、もう少し側が大きい方がいいなぁってことで選んだのが、Manfrotto UNICA5、メッセンジャーバッグタイプのカメラバッグである。
このManfrotto UNICA5、少し中途半端な作りになっているような気がするが、レンズの持ち出し本数を欲張らなければそれなりに使い勝手がいいかも知れない。
底にあまり大きくない三脚を収納できるスペースがあるが、三脚ではなくレンズや小物、折り畳みの傘の収納スペースに使うことも考えられる。
また、カメラ収納スペースとは別に15インチまでのノートPCが入るスペースがあるが、そこもPCではなしに色々と使えそうである。
またフロントの収納スペースは筆記用具やメモリなんかも入れることができる。
実際に持ち出して使ってみないと分からないが、フラップに設けられたファスナーからカメラの取り出しができるようになっている。
ちょっとどうかなぁと思っていたけど、これも案外便利なのかも知れない・・。

(15:06)
最新コメント